2017年7月21日金曜日

AUTTAA別注ルームシューズのお手入れや保管方法とmauna keaの靴下。

こんにちは。


AUTTAA別注ルームシューズの次回入荷のご予約分もかなり完売が目立つようになってきました。


ありがとうございます。


こうだったら良いのになぁ、っていう僕の気持ちに共感して下さる方がこんなにたくさんいてくれて、とても嬉しく思っています。



通常のルームシューズはあくまでちょっと近くのコンビニまで、とか、アトリエやショールームなどの来客用の洒落たスリッパとして、とかを目的に作られているので、がっつり外履きしたい場合にはちょっと不向きなんですよね。



僕も自分でお店を始める前、確か10代か20代前半の頃かな?そんくらいの時に個人的に、通常のルームシューズをお取り扱いのあるお店さんで購入したんですよ。


その際、店員さんに全然外履きでいけますよ!的なことを言われたので、その言葉を信じて外履きで使っていました。


でもどう考えたってアウトソール薄いですよね?


外履きできなくは無いですけど、すぐにソールの修理が必要になるし、コンディションの悪い道を歩くと衝撃がダイレクトで足に伝わるので歩き心地も良くないし、本当に外履き用か?なんて思ってました。



その頃の僕なんて、ファッションに関して無知だし、学生だったからお金もないし、買い物するにしてもちょっとどきどきしながら接客されてましからね。


そんな僕にとって店員さんの言葉って、無条件で信頼できるもの、みたいな感じでした。


きっとその店員さんも悪意があって外履きできるって言ったわけではないと思うし、その当時(今もそうですね)は誰が言い始めたのか分からないけど、あれは外履きできる(外履き用の)ルームシューズという流れになっていたんだと思います。



外履きに使っても良いルームシューズと、外履きできるルームシューズって、似てるけどやっぱりちょっとニュアンス違いますもんね。


その微妙なニュアンスの違いから、AUTTAAさんが本来意図していたものとは違った伝わり方をしてしまったんだと思います。


僕もお店を始めたばかりの時は、通常のルームシューズを取り扱っていて、ちょっとしたお出かけにも便利な外履き可能なルームシューズ、って説明していたんですけど、今考えてみると当時ご注文下さった方の中には外履きメインで使用したくて購入して下さった方もきっと多かったんだろうなって思います。


最初は今みたいにアポイントでの実店舗営業という事もしていなかったので、完全に通販のみでした。

だから直接どんな用途でお使いになるか、ちゃんとお話しすることも出来なかったんですよね。

でも、画面上でもう少ししっかりとお伝えしなければいけなかったなと、反省しています。


そんなことがあって、AUTTAAさんにお願いして、今うちのお店でご紹介している別注ルームシューズを特別につくって頂けるようになりました。




(その他の画像や詳細はオンラインショップよりご確認ください。)






さて、そこで最近お問合せを時々頂くのが、お手入れや保管方法について。



という訳で、前置きが長くなりましたが別注ルームシューズのお手入れと保管方法について少しお話しますね。


初めに言っておきますけど、こうしなければいけないっていう決まりがあるわけではないので、ここで僕がご紹介する方法じゃなくても特に問題は無いです。

僕はこうしてます、っていうだけなので。



ではまずはお手入れ方法から。


基本的には1回ご使用になったら、3日くらい休ませてあげてください。

これはオンラインショップ上にも記載しているんですけど、靴も疲れます。

お休みさせてあげた方が、コンディションも良く、長くご愛用頂けます。

靴だけじゃなくて服にも言えることですね。

お気に入りは毎日でも身に着けたい、そんな気持ちも分かりますけど、お休みさせてあげましょう。



ホコリや砂などの細かな汚れはブラシで軽くブラッシングしてあげてください。

これだけでも随分と綺麗になります。



シミなどのブラッシングでは取れない汚れがついてしまった場合は、皮革と同系色のスウェード用のスプレーやクリーナー等で、布で優しく拭いてあげてください。

また、雨の日はあまり履かないことが好ましいですが、濡れてしまったり、逆に乾燥しすぎてしまったりで色が褪せてきた場合には、スウェード用の補色コンディショナーを使うと色味が蘇ってきます。



スプレーやクリーナー、コンディショナーでお手入れした後は、乾いてからまた軽くブラッシングしてあげてください。



そんなに頻繁にお手入れしていられない!というお気持ちも分かります。

なので汚れの予防のために、防水スプレーを月に1回くらい吹きかけてあげると、汚れは最小限にとどめることが出来ます。

この防水スプレーをした後も、乾いてから軽くブラッシングしてあげてください。

ブラッシングしないと毛足が寝てしまいますからね。



よほどひどい状態でない限りは、この基本のお手入れで綺麗な状態を保つことができるはずです。



汚れが表面だけでなく靴の内側まで浸透してしまっているようなひどい状態のときは、お近くの靴屋さんに相談する方が良いかと思います。

その状態までいくとなかなか難しいのでプロに任せるのが無難です。




続いて保管方法です。

まず着用したら、通気性の良い日陰で湿気を取り除いてあげると良いですね。

湿気を帯びたままだとカビの原因にもなります。



雨などで濡れてしまった場合は、中に紙を丸めて入れます。

型崩れ防止と、水気の吸水をしてくれます。

手っ取り早く扇風機で風を当てるのもアリです。

でもドライヤーはNGです。

温風は型崩れや変色の原因になりかねないです。



通常の革靴であればシューキーパーを入れておくのがベストですけど、このルームシューズは柔らかな皮革を使用しているので、シューキーパーだと皮革が伸びてしまう可能性があります。

なので紙を丸めて中に詰めておくくらいで良いと思います。

型崩れ防止にもなりますし、湿気も吸い取ってくれるので、一石二鳥です。

お届けした際に、靴の中に白い紙が丸めて入れてありますよね?
あれをそのまま使って頂ければOKです。



長期間履かなくて、箱にしまっておくという場合も、お届けしたときの状態で保管しておいてください。

白い紙が靴の中に入っていて、同じ紙で靴がくるまれていたと思います。
この状態ですね。

この白い紙をもう捨ててしまった!という方もいるかもしれませんね。

そんな場合は新聞紙とか、薄葉氏とかでも大丈夫です。

ただ、濡れた状態で新聞紙を入れると、新聞紙のインクが移る場合があるので、そこはちょっとご注意ください。



ざっと思いつく限りではこんなところですかね。


何か他に気になるところがあったらお尋ねください。




そして、mauna keaの新作の靴下が届きました。


くるぶし丈のものと



足首くらいの長さのもの。

どちらもユニセックスで大きめサイズと小さめサイズをご用意しています。

かわいいですね。



こちらは女性がくるぶし丈のものをはいています。

mauna keaの靴下と、AUTTAAさんの別注ルームシューズが本当に相性良いんですよね。



こちらは僕が足首くらいの長さの方をはいています。

別注ルームシューズとばかり合わせてるとあれなんで、スニーカーとも合わせてみました。

こういうタイプのちょっと肉厚の靴下とスニーカーの相性はまず間違いないので、スニーカー派の方にも安心してはいて頂けると思います。



ご紹介しておいてなんですけど、まだオンラインショップに掲載していないので、近々載せますね。

また、第一便で入荷した靴下につきましては、かなりカラー欠けがありますが、まだ少しご用意がありますので、そちらも良かったら覗いてみてください。










こちらもどちらのタイプも大きめサイズと小さめサイズをご用意しています。

本当に、めちゃくちゃ良い靴下なので、オンラインショップを覗いてみてください。

また長々と何がどう良いのかお話していますので笑




それではまた。



katari 店主 杉本




katari

愛知県江南市木賀本郷町西171番地
(営業スケジュールやアポイントについてはHPをご覧ください。)




名鉄江南駅または名鉄布袋駅より徒歩10分ほど。
(名古屋駅から江南、布袋駅までおよそ20分です。)

お車でお越しの際は隣の喫茶店の駐車場をお使いください。

その他、気になることなどありましたら、お気軽にお尋ねくださいね。